経営事項審査の審査項目について~評価項目及びウエイト(重要度)~

経営事項審査の審査項目についてわかりやすく説明します。

経営事項審査の審査項目は、次に掲げる事項のことで、それぞれに客観的な点数がつけられます。
それらを基に総合評定値(P)が算定されます。

1.経営規模の認定(X)
2.経営状況の分析(Y)
3.技術力の評価(Z)
4.社会性等の確認(W)

総合評定値(P)とは

「総合評定値(P)」とは4項目の合計点数のことです。
「総合評点」や「P点」とも言われます。

計算式
「経営規模等評価」結果(X・Z・W)+「経営状況分析」結果(Y)=「総合評定値」(P)

この総合評定値(P)は、入札参加資格の格付け(ランク付け)において利用されています。

総合評定値(P)が高いほど、入札参加の格付けが高ランクになりやすくなります。

※公共工事の発注機関毎に独自に評価基準(発注者別評価)があるため、総合評定値(P)の数値だけで格付け(ランク付け)が決まるわけではありません。

経営事項審査の評価項目及びウエイト

「①経営規模(X)」「②技術力(Z)」「③その他の審査項目(社会性等)(W)」「④経営状況(Y)」の詳細な評価項目は、下記の一覧にてご確認ください。

※ウエイトとは、総合評点(P)への評点の配分です。
数字が高いほど配点が高く、それだけ重要度が高いと言えます。

※ウエイトと評価項目及び基準については、公正・公平な審査、公共工事の品質確保の促進を目的に都度改正が行われています。

評価区分 ウエイト 評価項目
①経営規模 X1 0.25 ・完成工事高
X2 0.15 ・自己資本額
・利払前税引前償却前利益
②技術力 Z 0.25 ・技術職員数
・元請完成工事高
③社会性等
その他の審査項目
W 0.15 ・労働福祉の状況
・建設業の営業継続の状況
・防災活動への貢献の状況
・法令遵守の状況
・建設業の経理の状況
・研究開発の状況
・建設機械の保有状況
・国際標準化機構が定めた規格による登録の状況
・若年の技術者及び技能労働者の育成及び確保の状況
④経営状況 Y 0.2 ・純支払利息比率
・負債回転期間
・売上高経常利益率
・純資本売上総利益率
・自己資本対固定資産比率
・自己資本比率
・営業キャッシュフロー(絶対値)
・利益剰余金(絶対値)

真剣に建設業許可を取得したいと考えるのであれば、今すぐ行動に起こしましょう。まずは、情報集めになりますが、建設業許可に関する情報サイトやメールセミナーはたくさんあります。その中でも私がオススメするのは、「建設業許可取得スタートブック」です。

お名前:姓と名はスペースで区切ってください
あなたのご住所:都道府県のみ
E-mail :
URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)